HomenjaA
野良黒 ミニチュア・シュナウザー
ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム


ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


野良黒 ミニチュア・シュナウザーの歴史
野良黒 ミニチュア・シュナウザーの魅力
野良黒 ミニチュア・シュナウザーの性格
野良黒 ミニチュア・シュナウザーへの接し方
犬は何でも食べてしまう。
コットンを食べてしまった、靴下を飲み込んでしまったなど、食べ物ではないものを口にしてしまう犬が少なからず当院に来院します。
なぜ、食べ物ではないものを飲み込んでしまうのでしょうか?。
原因の一つとして、犬の「物を守る」行動が挙げられます。
食事中の愛犬の皿に手を近づけて、「ウウー」と唸られた経験はありませんか?。
犬は食べ物や場所などが自らのものであることを主張し、それらを取られないように守る習性があります。
その習性から、取られまいとして飲み込む、ということが起きてしまうのです。
異物誤飲を防ぐためには、まずは飲み込み得る物を愛犬の手の届く場所に置かないことが一番ですが、ここではトレーニングの面からもお話ししたいと思います。
まず一つ目は、物の管理をすること。
おもちゃやガムなどを出しっぱなしにしていませんか?。
ある柴犬の話です。
飼い主が愛犬の目の前にふいに手を伸ばしたら噛み付かれました。
オスの柴犬はよく噛むようですね。
よくよく話を聞いてみると、その犬の向こう側にガムがあって、どうやらガムを守って飼い主の手に噛み付いたようでした。
物を守る行動が強く出てしまうと、こういった事故につながる場合もあります。
このおもちゃは飼い主のもので、愛犬に貸してあげるというような感覚で、物の出し入れを管理してください。
二つ目は、口にくわえている物を取り上げないこと。
口から無理やり物を取り上げると、たとえあまり興味のなかった物だとしても、犬は「取られたってことは、これって良いものだったかもしれない」と思い、その物の価値が上がってしまいます。
ボールペンを口から取り上げられた経験のある犬は、取れらないようにボールペンをくわえて逃げるでしょう。
それでは逆に、ボールペンを持っていて褒められたらどうでしょうか?。
また褒められようと、ボールペンを持ってきてくれるようになるでしょう。
ただし、既に飲み込み癖のある犬は、飲み込む恐れのないおもちやなどで、練習を始めてください。
また、□にくわえている物を取りたいときは、取り上げずに、他に興味のあるもの、例えばもっと好きなおもちややおやつを見せて交換しましょう。
異物を飲み込むことを一度覚えてしまうと、その行動をゼロにすることは難しいです。
これは、その個体のあるいはその犬種の性格からくるものですけれど。
これらの犬の習性を理解し、飼い主が愛犬の周りの物に気を配り、トレーニングを行いましよう。
最後に、もしも誤飲をしてしまった場合、様子を見ることはしないで、なるべく早く動物病院に相談をしてください。
ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


ペット用品抜け毛取りブラシ ピロコーム


ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


インド
ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


犬



ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


よくいらっしゃいました。♪

放浪癖でペット好きのふん坊ですょん♪    たのしくなったら歌いましょう。    空を見ながら!♪。

インドへ



 私たちの生活には、飼い主とペットを多く見られます。
私自身、長い間ペット(犬、猫、ハムスター、うさぎなど)を飼っていると、性格だけでなく、見た目も似てくる気がします。
日々生活を共にしているので、自然に似てしまうのでしょう。
 これを裏付けるようなテレビ放送が出ていたので紹介します。
犬の写真と飼い主の写真を混ぜて、飼い主と犬を当てるという実験を通行人で行った結果、犬が純血種の場合、60ぱーせんとが正解しました。
一方、雑種の場合には、犬と飼い主が似ているという結果は得られませんでした。
このことから、飼い主は子犬の時から自分の顔に似た犬を選ぶのではないかと推論されました。
つまり、ミニチュア・シュナウザー顔の飼い主は、ペットとしてミニチュア・シュナウザーを選びやすいということです。
雑種の場合は定かでないという結論ですが、私の知る限りでは、雑種の場合も飼い主に似ていると思っています。
顔の造作だけでなく、表情も印象に与える影響は大きいので、雑種の場合は表情が似ているのかもしれません。
ですから、写真で選ぶのではなく、実際の犬と飼い主を見たら、雑種でも正解率が上昇するような気がします。
この実験の結果は、飼っているうちに飼い主とペットの顔が似てくるのではなくて、飼い主が自分に似ている子犬を選んでいるということになります。
ですが、飼っているうちに表情などが似てくる可能性もあるのではないでしょうか。
猫はどうかというと、私が知る限りでは、犬ほど顔が似てきません。
猫の表情は特殊であるのが原因かもしれませんが、性格が似ているように感じます。
猫を飼っている友人が「タマはかりんとうが好き!」と話しますが、その本人自身も「かりんとう」が大好きなのです。
猫でも犬でもペットを飼っている身近な人をよく思い出せば、本当に似ているのに気づきます。
試しに雑誌やテレビでもいいので、飼い主とペットを見てください。
顔つき、特に目つきが「あれ? 似てる?」と納得することがありますよ。

カンボジアへ



台湾はどんな国?
暖かい国かな?
自由に歩けるでしょうか。

台湾へ



きっと良い事が有りそうなキングダム・タイランド
トロピカル・フルーツは?
象は見れるかな。

タイへ


ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


犬



ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


犬



ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


我が家の犬は13才になって、散歩が面倒になっています。
人間なら78才?くらいだろうか。
人間は子供を産む年齢を超えても生きていますが、動物は出産年齢が寿命だと聞きます。
人間の頭脳が発達したのは、このおじいさん・おばあさんと共に生活するようになってから飛躍的に進んだといいます。
親は子育ては試行錯誤ですが、おじいさん・おばあさんにとって子育てしてその子供が成人して結果が分かっているのですからその結果に基づいて育てることができるのです。
犬もそうなのですが、家の中で飼われるようになって長生きになりました。
もっと長生きを望む飼い主が増えたのでしょうか、犬や猫の成人食や獣医がブームになっています。
其の点は我が家の犬はどうなのでしょうか。
気をつけているのですが、太っています。
肥満犬なのです。
年を取って被毛が細くなってしまうと常々思うのですが、ペット用品の抜け毛取りは換毛期の抜け毛を軽い力で取り除ける優しいグッズが一番だと思うんです。
効率ばかり考えてペットを品物と同じに扱ってはいけない癒し合う相手なのだと思うのです。
健康食とダイエットで長生きする事が犬にとって幸せなのだろうか。
疑問です。
人間の価値観を犬に当てはめることは飼い主の自己満足で迷惑な話かもしれないのです。
餌を腹いっぱい食べる事は犬にとって幸せそうだし、我慢させられる事は逆に不幸せなのだろうか。
脂っこいものや肉などカロリーの高いものほど嬉しそうに食べる。
日本人も野菜食に合う体になっているので肉などを沢山食べると体内に蓄積するので成人病に成り易い体質であるらしい。
犬はあまり沢山の食料を食べるので無く、少食に耐える体になっていて満腹にするとメタボになる体質のように見える。
たまに食べ物が有るときに全部食べ尽くして次にいつ食べられるか待つ体質の犬に毎日腹いっぱい食べさせるのは果たして犬は嬉しいのだろうか。
食べ物が有るから食べ尽くす。
幸せでは無くて、習性で食べているのかもしれない。
犬を使った有名な実験があります。
ベルを鳴らしてから犬に食事を与えると、ベルが鳴ると唾液や胃液が分泌される事が判明したという実験ですが、続きの話しとしてベルを犬小屋に入れておいたら犬がベルを鳴らして食事を催促したそうです。
ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


dog



ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザー


お役立ち集 犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ペット用抜け毛取りブラシ ピロコーム  ピロコームの詳細説明  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb