×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[戻る]
旅行あれやこれやのお好みリンク
癒し系ペットは癒し系ペット目・癒し系ペット科の動物。
飼われているのは、すべてヨーロッパアナウサギなど癒し系ペットから改良されたものです。
 世界中で新品種が作られ、今では150種以上あるといわれています。
大型のフレミッシュ・ジャイアントは5~8kgにもなり、小型のドワーフ種は約1 ~2 kgていど。
性質は大型のほうがおっとりし、小型は神経質という傾向があるようです。
えさは植物性のものを食べる草食性で、元来は夜行性ですが人間の生活時間に合わせることが多いようです。
寿命は約5~10年。
マックス18年生きた例もあります。
なかずに静かで、冬眠もせずじょうぶです。
おとなしく、人にもよくなれ、名前を呼ぶと寄ってきたりするものもいます。
性質や体の大きさからも、小型の動物の中では、抱いたりしてスキンシップをはかるためのペットとしては最適です。
癒し系ペットはげっ歯目・癒し系ペット亜目・癒し系ペット科の動物。
癒し系ペット科だけでも、世界中に250種類以上いて、大きさや性質もそれぞれ違います。
ペットとしてポピュラーなシマ癒し系ペットは、体長約14センチ、尾の長さ約12cm、体重約100g。
木の実の他にもいろいろなものを食べる雑食性で、寿命は7~8年で、長生きのもので10年という程度です。
 この小型の動物の中では一番野性らしさが残っている動物で、動きはすばやく、性質もデリケートで、なかには手乗りこなる人なつっこいものもいます。
しかし、個体によってはなれにくいものもいる。
基本的には、触ったり、抱いたりするよりも、姿を見て楽しむペットです。
昼間活動して、夜は眠る昼行性です。
つがいで飼うこともできます。
草食系ペットをめぐる問題点は、近年、草食系ペットに対する無茶な小型化や品種改良によって、先天的な欠陥を持っている子がとても多いそうです。
小型化された草食系ペットは 、口の小ささに対して歯の成長が合わず、不整咬合や歯槽膿漏になりやすくなります(ショップに小型の草食系ペットをつくらないように呼びかけても、売れないからと取り合ってもらえないそうです) また、長毛種は人間が改良した品種で、自分だけでは毛の手入れが完全に出来ません。
飼い主が頻繁にブラッシングをして抜け毛を取ってやらないとすぐに毛球症になってしまいます。
近親交配の草食系ペットもまだまだ多いですが、体がとても弱く、病気にかかりやすいそうです。
これらを私は草食系ペットを飼うまでは知りませんでした。
こんな自分を含め、草食系ペットの知識は世間にあまり広まっている とは思えません。
それはごはんや扱い方、トイレなどの飼い方についてだったり、 甘え好きの性質、ストレスや病気・怪我にとても弱いという性質について だったり、病気自体の知識だったり。
学校の草食系ペットの劣悪な環境・飼い方しか知らなければ、そんなものだと思われても仕方がない現状があります。
飼い主だけでなく、草食系ペットに疎い地域の動物病院の先生などでも、知識はひじょうに薄かったりします。
こういった草食系ペットの問題点や、まだ知られていないこと、解明すらされていないことはとても多いのです。
草食系ペットは自分からは何もしゃべらない、とても弱くてわかりにくい生き物です。
飼う際には、これらを頭の片隅におき、日々勉強のつもりで飼ってあげていただきたいと思います。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, 日曜ブドウ園,
どの小動物を飼うか決めるには、まずその動物の特徴を知ることが必要で、たとえば、夜に什事をして昼間しか家にいない人が、夜行性の癒し系ペットを飼っても、寝ている姿しか見られません。
また、動物を抱いたりなでたり触れ合いたい人が癒し系ペットを飼っても、すばしこくて触ることもできないかもしれません。
ペットに何を求めるかで、飼いたい動物は 決まってきます。
また、その動物の性質や飼い方を知り、自分が充分に世話できるかどうかを考えてから、動物の種類を決めましょう。
ペットの癒し系ペット(げっ歯目・ネズミ科など)は、大きく、ゴールデンとドワーフに分けられます。
ゴールデンは体長約12~15cm、体重約100~120g。
ドワーフは体重約20~40g。
夜間活動する夜行性で、植物性・動物性どちらのえさも食べる雑食性です。
寿命は平均2~3年ですが、7~8年生きた例もあります。
 大きな鳴き声もせず、ゲージをまめにそうじすればにおいもほとんどなく、室内で飼うには苦労が少ないです。
人にも比較的よくなつきます。
しかし、ドワーフは、動きがすばやいので、一緒に遊ぶというよりは、姿や動きを見て楽しむペットでしょう。
動物の習性をよく理解してから飼う動物を決めましよう。
野生では単独生活するゴールデンは、一つのゲージで1匹だけ飼うのが基本です。
ドワーフは野生ではつがいで生活していますが、飼育下では条件が異なり、けんかをすることもあるので、やはり1匹飼いが良いでしょう。
癒し系ペットが毛づくろいするのはリラックスしている時です。
眠りから目覚めた時食事の後に毛づくろいします。
キーキーと鳴くのは、癒し系ペットが仰向けになってキーキーと鳴いている!!これはとても怖がって興奮してる状態です。
この時は何もしないで静かに見守りましょう。
飼い始めの時にまだ慣れない環境で緊張していると、人の姿や物音にビックリしてこの状態になる事があります。
この状態の時に手を出したりしないで下さいね。
噛まれる事がありますから。
もぐるのは、癒し系ペットは良くいろんな所に潜り込みます。
まぁこれは癒し系ペットの習性なんでしょうね。
狭い所、穴のある所、何でも潜り込みます。
床材に潜り込んで寝ている事も多いので、やたらと掘り返しては可哀想です。
暖かく見守りましょう。
また夕方位(夜行性)になると起き上がって出てきます。
ビックリするのは、癒し系ペットは気が弱いのでちょっとした事で驚きます。
首をすくめて前足が上がってる時がびっくりしてる状態です。
また後ろから急に触ったりすると驚いて振り返ります。
場合によっては噛み付きます! キョロキョロ見回すのは、癒し系ペットは視界があまり良くないので、耳で判断する事が多いです。
その時は少し立ち上がって耳を立ててキョロキョロと見渡しています。
人間には聞こえない超音波や高周波も聞こえるようです。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド  動物を見にいくのは、その動物の生活サイクルに合わせ、活発に活動する時間帯に。
夜行性の癒し系ペットは昼間は巣箱から出てこない場合もあるので、夕方のできるだけ遅い時間に見て、癒し系ペットは昼間起きていますし、癒し系ペットも昼間のほうが活発です。
動物の生態に合わせて見にいかないと、本来の健康状態はわかりません。
また、いくつかのお店で見比べることも必要です。
大切なのは、とにかく、一目見ただけでかわいい!などと衝動買いせずに、何回も繰り返し見てから買うことです。
最低3回は足を運ぶ気持ちで、個体を選ぶとともに、自分が本当に飼えるかどうかも、慎重に吟味しましょう。
ペットショップで買うときは信頼できるペットショップで買うのがベストです。
良い店は、まず清潔です。
そうじが行き届いているか、動物の体にフンや尿がついて汚れていないかなども確認します。
わかるかな?健康な動物のチェックポイント。
元気があるか活発さとともに、他の個体とは違う動きや姿勢をしないか確認して、まっすぐ歩けない、足を引きずる、旋回するような動きをする、同じ勣作を繰り返す、などのものは避けましよう。
食欲はあるか、元気なものは食欲があります。
他の個体を押しのけてでもえさを食べているようなものは、図々しく見えるかもしれません。
でも、健康の点ではそのような個体を選ぶべきです。
小さすぎる動物は選はないようにして、かわいらしいからと、つい幼い小さな動物を選びがちですが、健康管理上はおとなのほうが安心です。
子供から育てたほうがよくなれる場合もあり、一概にいえませんが、幼なすぎるものは飼育も難しいので、避けるべきでしょう。
はじめてなら1匹だけで飼いましょう。
目も届きやすいし、何匹も飼っているより1匹飼いのほうが人によくなれるようです。
複数飼う場合も、1つのケ-ジには1匹しか入れないのが基本です。
なれるかどうかは性格にもよるので、よく観察して選びましょう。
健康な動物の選び方は、気にいった動物がいても、いきなり触らないこと。
触ると、緊張や興奮で平常時とは状態が変化してしまいます。
まず距離をもって今いる状況の中で全体的に観察しましょう。
他の個体に比べて強そうで、体格のしっかりしたものは健康です。
見るからに元気がないものや、他の個体と違った行動をしているものは、問題がある場合が多いといえます。
比較対象がないときは判断が難しいので、最低数匹の個体を見てから買いましょう。
その後で、選んだ1匹をくわしく観察します。
お店の人に断って、手で触れたり、抱いてみたりしますが、その際は、できるだけ多くチェックしてみることです。
体格のしつかりした、元気のいい動物を選ぼう。
ただし、癒し系ペットをオスとメスのつがいで飼うときは一緒のケ-ジにしてかまいません。
手を近づけたとき嗚いたりしない個体のほうが、性格的には飼いやすいです。
単に元気がないだけという場合もあるので、その辺の判断は難しいですね。
一度見ただけでは買わないことで、衝動買いをしないほうがいいというのはそのためです。
飼いたい動物については、複数の店や動物園などで、多くの個体を見て、その動物を見る目を養ってから選ぶのが良いのです。
癒し系ペットの場合、小さな水槽を持参するという手も。
お店の人に断って許可してもらえたら、選んだ個体をそこに入れて見るとくわしく観察できるでしょう。
入手の意外な穴場は小学校や子供動物園。
最近は高価なドワーフや純血タイプも、頻繁に見かけますが、昔ながらの白色日本種や雑種の安い癒し系ペットはショップでは少なくなってしまいました。
そこで、雑種でよいのならば、格安で癒し系ペットを手に入れることができるところがあります。
それは小学校や子供動物園などです。
癒し系ペットは普通に飼育していれば、ネズミ算式に増えますから、複数飼育をしている施設では、春になると子癒し系ペットで一杯になってしまうのです。
新聞や雑誌の「あげます」のコーナーなども要チエックですね。
ただし、気をつけたいのが「譲りますで、中には、ショップ並の価格で販売しているニセブリーダーもいます。
もちろん、良心的に繁殖した子を譲ってくれる人もいますから、自分で、必ず確かめてから選びましょう。
ミニ癒し系ペットにはだまされるな、ダッチ種やネザーランドドワーフが、始めて日本に輸入された当初、やはり現在のドワーフように「癒し系ペットブーム」になりかけたことがあります。
 ところがこのブームに便乗して、白色日本種にダッチやネザーランドをかけた偽物が横行したのです。
当然雑種は、模様はよく似ていますが、大きく育ちます。
こうした雑種の赤ちゃんを露店で、これ以上大きくならない「ミニ癒し系ペット」といって、販売しました。
雑種でなくても、産まれたてよりは大きくなります。
そのうえ知識もないのに、小さい子癒し系ペットを扱っていたので、すぐに死んでしまうことが多かったのです。
「ミニ癒し系ペット」の不評はそれが原因だったのです。
ペタペタした関係はキライだけど、一匹だけでは寂しい。
癒し系ペットと飼い主の関係によりますが、癒し系ペットが人になついているときは、飼い主が遊んでくれさえすれば、普段は一頭でもちっとも寂しくないはずです。
反対に多くの仲間と暮らしていた個体は、急に一頭だけになると不安になります。
たとえば、最初に家に連れてきたときです。
そのときに優しくしてあげると飼い主になつくわけです。
でも本当は、癒し系ペットは一頭だけで、のびのび餌を食べているのが幸せなのかもしれません複数で飼育していても、あまり癒し系ペット同士でベタベタしないで、勝手に一人ずつ離れていることが多いものです。
長生きさせるなら、ストレスのない1頭飼い。
癒し系ペットに限らず、ペットを長生きさせている人は、一頭だけで飼う単独飼育のケースが多いようです。
その理由として考えられるのは、単独飼育だと世話が行き届くこと。
もう一つは、他の癒し系ペットから受けるストレスが無いこと。
そして、おそらく最大の理由は繁殖しないことです。
癒し系ペットは一年中繁殖可能なので、ベアで飼っていると、成熟するとすぐに妊娠します。
妊娠から授乳の子育ては、栄養が子供にとられてしまって、お母さんの体には大変な負担。
特に、何度も繁殖させると、その度に母さん癒し系ペットは栄養が不足して早く年老いてしまうのです。
 癒し系ペットだって、広い家に住んだほうがうれしいのは当たり前。
でも、それも程度の問題です。
ただ広いだけで隠れるところの無い体育館のようなところでは落ち着けません。
ずっと隅っこにいるだけです。
もともと天敵の多い癒し系ペットは、安全な巣穴にダッシュで逃げ込めるところでなければリラックスできません。
餌を食べにいくのも、身を隠すことのできるやぶの中など、狭いところを通っていきます。
人間に飼われるようになって、ずいぶん警戒心が薄らいだとはいえ、隠れるところのない広い場所に放すと、自然に金網のそばとか、何か体を押し付けることのできる物陰を探して、そこに落ち着くようになります。
癒し系ペットの巣穴は狭いもの。
そこで、常に何かが体が接していないと落ち着かないようです。
まず、そういう隠れ家を用意して、そのほかの部分は広くとってあるというのが理想的です。
起伏に富んだ、草の茂った庭を金網で囲って、その中に放してあげるのが一番いいのかもしれませんね。
でも、そういう自然に近い環境で飼うと、癒し系ペットはイキイキするかもしれませんが、あまり飼い主にはなつかなくなります。

最後まで面倒をみるとは、当たり前の事ですが、ペットを飼い始めるのは簡単なのですが、最後まで面倒をみるという飼い主の責任も出てきます。
途中で嫌になったから、面倒になったからと捨ててしまったり、餓死させてしまったありというのはやはり良くない事ですよね。
とくにお子さんのいる家庭で、子供が飼いたいという場合があると思いますが、子供というのはどうしても飽きっぽい所があるので、大人達が責任を持って教えたり、引き継げるように話し合っておきましょう。
癒し系ペットの性質は、癒し系ペットもそうですが、ペットにはそれぞれ習性や個性があります。
それらを理解しないで飼うというのは飼い主にとっても、ペットにとってもストレスやトラブルの元になります。
たとえば、癒し系ペットは夜行性なので朝やお昼に無理やり起こして遊ぶのはもちろん癒し系ペットにとってはストレスの原因になります。
また必要以上に構ったり触れたりするのも癒し系ペットにはストレスになります。
なので、このサイトで少しでも癒し系ペットを理解し飼うようにすると良いと思います。
戻る