×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ >  戻る

ペット好きふん坊のバンテアイ・スレイ

入り口の古代文字
バンテアイ・スレイはシェムリアップから車で一時間。
最近森の中から発見されたもので、木を切り、一度分解されて組み立てなおしたもの。
火山岩に彫刻したものでカンボジアに約2000も有る遺跡の中で、最も細密な遺跡である。

入り口から門を望む 入り口から門を望む。
参道は赤いラテライトと言う火山岩が敷き詰められている。
参道の両側は堀になっている。

門
ヒンドゥー教「女の砦」の意味を持つ寺院。


赤い色の砂岩とラテライト。 非常に美しい彫刻。
彫刻で埋めつくされている。
ここは、東向きであり午前中に訪れるのがベスト。

門の拡大
アンコール遺跡随一の美しさを誇る。


非常に美しい彫刻。
材料の質が良く風化されずによく残って居る。
ヒンドゥー教の教えを語る物語彫刻で埋めつくされている。

裏面には東洋のモナリザ
裏面には東洋のモナリザと言われるデバターがある。

ここは、思っていたよりもずっと規模が小さい。
手前に縄を張ってあるが手を延ばせば届きそうな位。
このモナリザは小さいのでオペラグラスが欲しい。

裏面には東洋のモナリザ
東洋のモナリザ。
向かって左の像。

彫りが深くて柔和で精緻。

裏面には東洋のモナリザ
東洋のモナリザ。
ある作家が密かに持ち出そうとして捕まったという物。

拡大。

裏面には東洋のモナリザ
東洋のモナリザ。

2体有る。
向かって右側の像。

裏面には東洋のモナリザ
東洋のモナリザ。


2体有る。

裏面には東洋のモナリザ
東洋のモナリザ。


2体有る。

東洋のモナリザ左 東洋のモナリザ右
ノルウェイジャン・フォレスト・キャット:かための犬猫用品を使用
まだ子にゃんこなのであまり抜け毛は激しくないのですが、アンダーコートまでしっかりすくい上げて面白いように毛が取れました。
スリッカーやラバーブラシはほとんど取れない上に痛がって大変でしたが、犬猫用品はゴロゴロ言ってとかさせてくれます。

これからも使い続けたい一品です。

ロシアンブルーとアビシニアンに使いました。
ロシのほうは、毛が細いのであまり取れませんでしたが、アビのほうはもっさり取れました。
アビは前使っていたゴムのブラシだと嫌がって逃げてしまうし、毛が飛んでしまうのであまりブラッシングしてなかったのです。
犬猫用品は気持ちいいらしく、目を細めています。

日本にゃんこ2匹
犬猫用品は大変いいですね。評判通りです。
にゃんこが逃げずに、喉を鳴らして擦り寄ってくる様に、二人して驚きつつ感激しています。
今までは櫛などを見たとたん逃げ回っていたのが、魔法にかかったように大人しく、どころか喜ぶ様に驚きです。
品物も良く、丁寧に出来ていて生き物に優しい作りになっています。
これを開発・商品化された方の動物に対する愛情が伝わってくる思いがします。

こんばんは~~!!ペット用品、報告その2です。

今日も使ってみました。3日目です。
今までで一番取れました。HPの写真並。
一昨日、昨日と梳かした分が浮き上がってきて
今日とれたって感じ。いっぱい取れるとなんかう・れ・し・い。

また、銅イオンの効果なのか 上毛がツヤツヤしている♪♪

ワンの反応。
おもちゃだと思ってるらしい。じゃれ付いてくる。
自分の物だとは認識したらしい。
スリッカーと違って本人(本わんこ?)が
痛がらないのがありがたかった。

ぽちっとしてみましょ!
うれしい日々がやって来るかもよ?

ペット用品、今日もとれとれ。
でも、家は取れたけど、みんなのところで
取れなかったらどうしよう・・・。
mamaのウソツキ~~っていわれるのかなぁ・・・??

いつもピンブラシでブラッシングしていましたが、
ペット用品ではソフトボール大のアンダーコートが取れました。
今までのはなんだったんだ!!!と感激です。

本日、早速試してみました。
率直な感想です。スゴイ!!
驚くほど取れます。
正直、今使ってるのと変わらなけりゃ返せばいいや、と思っていたのですが。
まだこんなに残っていたのか!って感じです。
友人たちにもおすすめしてみます。
3000円ほどの価値は十分にあると思いますよ。

大型わんこ用にもう少し大きめなのがあればいいかな~というのを感じました。
幅が広くて体形にフィットするような形。もしくはフレキシブルに曲がるような材質。

早速、我が家のわん(トム)に試してみました。
トムの毛は短く、ブラシではあまり抜けなかったのですが、ペット用品で梳いたところ、かなりごっそり抜けてびっくり。
トムもとても気持がよさそうでした。

ただ、トムの場合、コームが目に入ると、玩具だと思って遊びたがってしまうので、そこのところをうまくやらねばと思いました。
(しかし、それはブラシでも一緒なのです ^^;)。

本日品物が届きました。早くてビックリしてしまいました。
さっそく使用してみました。
シェパードの毛(アンダーコート)は気持良くとれました。

ペット用品だと外側の固い毛にはそれほど対応しないのでしょうか?
外側の毛は触るだけでたくさん抜けるのに
なかなかピンブラシで取れてくれないのが悩みです。

でも、アンダーコートがたくさん取れたおかげで
シェパードの体は少し楽になったような感じに見えます。
もうひとつ欲を言うならば、もち手の部分がもう少し広いと
持ちやすいかなぁ。
でも、良い買い物をしたと満足しています。

とにかく、楽しい話しが聞こえてきます。

お好み  TOPへ > 戻る 
売物になるということは、いわば価値が高いということで、それ自体は問題はない。
しかし、一方では、その時代の流行りずたりに大きく左右されるという、きわめて危い二面性をもっそいるということもま元事実である。
もちろん、趣味家が木を売り物にすること、を真向から否定するわけではないが、いま1度その白由な立場を確かめ、売ることときっぱりと切り離した部分、何か頑強な部分を盆栽をつくる上において持っていただきたいと思う。
業者にとって、ほんとうにうらやましいといわれる部分を、である。
O挿し木冊-樹木の枝を切り取り、土中に挿して発根させ、新たに種木を得ることをいいつ。
また、根を土中に挿す根伏せや葉挿しもある。
挿し木の効用一本の親木から同時に多量の種木を得ることができる。
親木の形質をそのまま受け継ぐので、貴重な品種を保存することができる。
活着率がきわめて高い。
誰でも簡単にできる。