×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ >  戻る

ペット好きふん坊のアンコール・ワット
お昼はチャオプラヤにてバイキング形式のアジアンブッフェ。
お姉さん達がデザート様のものを作っている。
日本語での質問にけっこう答えてくれるので楽しい。
カエルの焼いたのや、ゼリーのような甘いものなどいろいろ。
ここの食べ物は口に合いけっこういける。

昼食後は一旦ホテルに帰って休息。
カンボジアではお昼休みは働かない。
(働くのは日本人だけかも)
アンコール・ワット
いよいよアンコール・ワット探訪。
ここはバンテアイ・スレイと違って人類から忘れ去られることは無かった。

アンコール・ワット西参道付近より
スールヤヴァルマン二世(12世紀前半)が建築したヒンドゥー教の寺院。

スールヤヴァルマン二世もどこかに彫られている
第一回廊は絵巻物のように浮き彫りがある。
それは行軍であり、戦闘であり、天国・地獄であり、天地創造の物語りである。
延々と続く天国地獄
中央祠堂を仰ぎ見る
規模が大きく、樹海よりも高く、第一回廊の壁画量の多さ、落ちそうな急階段、など。
ガイドさんの説明も多すぎて右から左へ抜けてしまった。

中央祠堂直下まで来た
アンコール遺跡随一の美しさを誇る。


非常に美しい彫刻。
材料の質が良く風化されずによく残って居る。
ヒンドゥー教の教えを語る物語彫刻で埋めつくされている。
直角に切り立つ第三回廊の外側
第三回廊の下りは絶壁のようになっている。
砂岩の階段は磨り減り使えない所もある。
これが崩れずに残っているのは地震が無いからだろか。

灰色砂岩で出来たモノトーンの巨大遺跡。
我々観光客が押し寄せることで急速に摩滅し消滅するように思えた。

夕方近くになるとアンコール・ワットのお堀の周りの石の上にゴザが敷かれる。
ゴザは少女たちが敷いたようだ。
ブラブラと歩いていると、微笑んでくる。

ここの広場では、少年達が羽根突きの羽根のようなものを足で蹴って遊んでいる。
蹴る瞬間にパンとカスタネットのような音がして楽しそう。


日本にゃんこ 短毛
うちのにゃんこはブラッシング嫌いだったのですが、最近は犬猫用品でブラッシング してると、腹を出して「なでれ」という感じになっています。

日本にゃんこを2匹
ちょうど仕事から帰ってきた主人と一緒に使ってみました。
最初は「また、無駄づかいして、、」とブツブツ言っていましたが、使ってみてびっ くり!
うちは日本にゃんこを2匹飼っているのですが、2匹ともブラッシングが大嫌いなんです。
いつも主人が嫌がるこの子達を押さえつけてブラッシングしていたのですが犬猫用品を使うと全く暴れなかったんです。
暴れないどころかウトウト居眠りまでしてました。
本当にびっくりです!

雑種長毛:やわらかめの犬猫用品を使用
換毛期だけあって、面白いようによく取れました!
今までスリッカーでも割りと取れていましたが、犬猫用品ではその倍以上の量になりました。
またスリッカーでは痛がってやらせてくれなかったお尻周り、脇の下、足の付け根などの柔らかい部分も問題なくとかせます。

当方のわんこ種はビアデッドコリーで面白いほど毛が取れてこのまま全ての毛が抜けてしまうのでは?と、思うほどです。
大変驚いています。

ペット用品ですがステンレスのほうは複雑にもつれてしまった毛には、
先にスリッカーなどでといてからでないとピンが曲がってしまいました。

手に馴染む感じや、スーっと櫛が通った時の感じはとてもいいんです。
ベアデッドの毛は長いので、よほど上手にやらないとうまく使えないような気がしました。
我が家のねこは、とても気に入ってます。(日本猫9匹+ロシアンブルー)
もちろんわんこだってそうです。
なぜ分かるかと言えば、咬まれません!
スリッカーではいたがるし、取れないし、壊れるし、掃除機もうちの子達は平気ですが思うほど取れなかったです。

初めて使った日のことですが、学校から帰ってきた娘がわんこをみて「どうしたん?ワンコの毛光ってるやン」と言ってました。
素敵なお手入れが出来てます。

早速使ってみました処、確かによく取れます。噂通りでした。
愛わんこも全く嫌がらず、それどころかもっとやってほしいと言わんばかりにすり寄って来ます。

最初に嫌な思いをさせると後々ずっとやらせてくれなくなると思いかなり気を使いましたが、途中からは全くそのような心配が無くなりました。

ペット用品、使った感想です。
まだ、さっき届いて今使い始めたばっかりなのですが。

定形内の小さい方の封筒に余裕で入る大きさ。
ピンを上にして、縦約8.5センチ、横7センチ(柄の部分最大で)
ピン部分の幅約5.7センチ。1ミリくらいの太さの針金ピンが
1.5ミリくらいの間隔で23本並んでます。
ちょうど、私の手のひらくらいの大きさです。

使い勝手は、穴に指を入れられるので引くとき結構楽。
ピンの当たり具合も自分の手にかけてみたけど、
4種類のうちで一番痛くない。(ピンブラシも案外痛かった。)
ペット用品のピンは、密集してるからかな~?!

ワンの反応。(これが1番大事?)
初物だったので、匂いを嗅ぎたくてペット用品を追っかけてた。
スリッカーは皮膚が痛いで、ピンブラシは毛が引っ張られるで威嚇される。
ペット用品はあまり痛くないのか、とりあえず今日のところは静か。

ブロンズピンでも、結構硬い。
接合部分も引っ張ってもびくともしない。
ただ、わんこ種にもよるんだろうけどあまり毛は抜けなかった。
HPの写真ほどは抜けなかった。
(久しぶりにブラシかけたんだけど・・・)

では、またワンの反応を報告します。

とにかく、楽しい話しが聞こえてきます。

お好み  TOPへ > 戻る 
リンドウ科の植物は一年草や宿根草など草本植物が多いが、まれに低木性のものもある。
約七〇属七五〇種が温帯地方に分布している。
葉はおおむね対生、花は合弁で四ー五裂、ときに六~十二に切れるごともある。
子房は一室で二側に多数の種子をつける。
柱頭は二裂している。
リンドウ、トルコキキョウなどの観賞植物が代表種である。
リシドウ(ゲンチアナ)属 約四〇〇種があり、多くは青色系の美しい花をつけるが、白や黄色の のもある。
花はつりがね状の筒状、を開く。
我国のトウヤクリンドウ、ハルリンドウ、ミヤマリンドウ、アサマリンドウ、リンドウ、フデリンドウ、オヤマりンドウ、ホソバリンドウなど一八種八変種がある。
大墾種としてはオヤマリンドゥ、エゾリンドウ・があーー、ともに高冷地で切花栽培されるが、最近のものは.この両者の交配種であることが多い。
初秋に市販されふ小型で比較的大輪の矮性のリンドウは新キリシマリンドウといい、肥後の球磨川の流威に白生するクマガワリンドウに他樋がいろいろと交配されたものである。
全国の日当りのよい山野に自生する、.ごく矮性のハルリンドウ、コケリンドウ、フデリンドウは青紫色の可憐な花をつけるがこれらは二年草であるから採集しても宿根はしない。
晩秋に林間に咲く宿根草のリンドウは葉はササの葉に似ているので本種⑳白花種をササリンドウと称する。
ヨーロッパの中部山岳地にはリンドウ属がかなり多く分布しているが、最も著名なのはアルプス.ピレネーのゲンチアナ・アコウりスで、葉はロゼット状で皮針形、花は鮮やかな紺碧色で花筒が長く山草家が一度は試作するものである.我国ではこれを改良して四季 中国原産といわれる峨眉山リンドウは美しいピンクの花をつける矮性種であるが、耐寒力は弱い。
エキサカム属 本属は三〇種がアジア、マレー、マダガスカルの熱帯、亜熱帯地方に分布しているが、鉢花として店に出るのはエキサカム・アフィネ種。
ソコトラ島産の二年草、花は青紫色で芳香がある。
秋まきで次年の六月に開花する。