×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ >  戻る

美しいタイの山の民族
ペット好きふん坊のチェンマイでカントーク・ディナー

チェンマイでカントーク・ディナー
カントク料理
赤いご膳のことをカントクと言うそうです。
お代りは何杯でもできます。
タタミのような床に座って食べ、終わったら三角枕で横になってショーを楽しみます
カントーク・ディナー ショー
ショーの楽団が揃いました。

カントーク・ディナー
タイの王様は三角の枕で横になったようです。

カントーク・ディナー ショー


カントーク・ディナー ショー
少数民族の衣装で踊ります。

カントーク・ディナー ショー


カントーク・ディナー ショー


カントーク・ディナー ショー


カントーク・ディナー ショー


カントーク・ディナー ショー


カントーク・ディナー ショー


『万葉集この中には大伴家持の 今日降りし雪に競いて我がやどの 冬木の梅は花咲きにけり を始め、ウメを詠んだ歌が:八首おさめられています。
ハギを歌った四百首に次いでおり、サクラの四二首をはるかにしのぐ人気ぶりです。
ところが時代が下り、平安中期ともなると、貴族の嗜好はがらりと変わってしまいます。
あれほど入気を博していたウメも、『古今和歌集』(AD九=二年頃成立)においては、サクラの歌百余首に対し、ウメの歌二十首足らずと大きく差をつけられてしまいます。
とはいえ、これは上流階級や文化入が外来文化の象徴としてウメをもてはやした時期が 過ぎ去ったというだけで、日本人のウメ離れを意味するものではありません。
平安時代にはそれまでの白梅に加えて紅梅も渡来し、ウメを身近に感じる機会はますます多くなってきます。
そして、鎌倉、室町と時代を経、江戸時代になると庶民の花として広く一般に親しまれるようになリ、宝暦八年二七五六)には『梅本』という梅についての単行本が初めて刊行されます。
このように、ウメが上流階級から庶民にいたるまで幅広く愛でられた理由は、寒さに耐えながら百花に魁て咲き、つつましやかに香る風情が、日本人の忍耐とか可憐、いじらしさとかいった美意識に重なるものがあったからかも知れません。
ところで、長きに亘って日本人の鑑賞の風流心を誘ってきたウメは、一方で食料、薬としての実用性も重用されてきました。
唾液の分泌を促してのどの乾きを潤し、食欲を充進させるばかりでなく、殺菌、解毒作用もあるので、梅干しは特に盛んに作られてきました。

お好み  TOPへ > 戻る